FC2ブログ
2020/03/13

国連調査官が北朝鮮でのコロナ脅威について警告

2020年3月9日、国連において北朝鮮におけるコロナウイルスが感染拡大した場合の脅威について「重大」である旨の報告、直ちに国際的な支援を北朝鮮政府は受け入れるべきだと訴えました。北朝鮮は公表しておらず、相変わらず感染者はゼロということになっていますが、国連からも心配されている状況です。(参照: VOA記事2020年3月9日付「 UN Investigator Warns Against Isolating North Korea as Threat of COVID-19 Looms」(下の写真も同記事から)
ap_north_korea_virus_26Feb20.jpg

平壌市内を歩く北朝鮮市民もマスクで自衛中(People wear masks to protect from a new coronavirus as they walk through the Kwangbok Street in Pyongyang, North Korea, Feb. 26, 2020)

<状況>
① 2020年3月9日、ジュネーヴの国連人権委員会において、国連の調査官が北朝鮮の現在の状況について報告。報告の中で、北朝鮮の人権抑圧の状況、特に、市民は厳しく管理され、自由を著しく抑圧され、虐待を受けている状況。現在強く懸念されるのは新型コロナウイルスの感染拡大であり、感染者はいないことになっている厳しい情報統制の下、北朝鮮の社会では透明性のある正しい情報が期待できず、感染が拡大してしまうと他の国々以上に深刻かつ重大な状況に陥る、と指摘されている。これは、そもそもの市民一般の多くが栄養失調や発育不全の状態であり、感染しやすい素地があり、ひとたび感染が拡大すれば、壊滅的な状況に陥ることを警告している。

② 国連は北朝鮮に対し、単に医療や経済的な支援を求めるだけでなく、北朝鮮と国連(特にWHO等)の医療従事者や関係者間での情報交換や意見交換など、情報統制や制限を受けることなく忌憚ない意見交換ができるよう求めている。

<私見ながら>
◯ 北朝鮮は、公表上は未だ感染者ゼロ。偉大な指導者金正恩将軍さまのご指導で、感染症対策が成功していることになっています。しかし、実際には、感染拡大を恐れ北朝鮮の辻々で市民はマスクで自衛しているのも事実。ただでさえ中国が風邪を引けば肺炎になる北朝鮮のズブズブの関係から、文字通りに肺炎が拡大・蔓延していておかしくありません。あまっさえ、市民の健康状態や医療ケアのレベルも質も量も感染症蔓延のリスクが高い国ですから。いわんや、刑務所、留置場、強制労働キャンプをや、ですね。留置されている人々は、健康状況や栄養状況は劣悪。医療ケアなんて皆無。それが新型コロナウイルスであろうがなかろうが、具合が悪くなっても放置され、亡くなったら、文字通り闇に葬られる。


◯ 北朝鮮のことですから、貰えるものはしっかりもらえるよう、この調査官に北朝鮮の窮状を国連に報告してもらうために、珍しいことに、情報をいろいろ提供したことでしょう。この調査官の報告を受け、国連はてんこ盛りの支援を準備することでしょう。しかし、国連から求められた、医療関係者間の情報交換や意見交換やアクセス制限しないなどの警告には従わず、貰えるものはいただくんでしょうね。
  そうであっても、それで彼の国の感染拡大阻止につながるのなら、騙されているのを承知で支援をしてもいいのかもしれません。北朝鮮政府のためではなく、かの国の一般庶民のために。

(了)

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

国際政治・外交ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント