FC2ブログ
2020/04/04

非常事態宣言を出しましょう!早期決定的に対策打って早期収拾を!

<都心の緊張感のなさにビックリ>
用があって本日4月4日土曜の都心部へ。車窓から見た光景はいつもの年の春うららと同じであることにびっくりしました。土曜の都心部、春らしい陽光の中、やや少ないながらいつもと変わらぬ土曜を過ごす街角の人々。散歩する人、ジョギングする人、遊具をもって公園へ急ぐ子供連れ、・・・。アレ?外出自粛って言ってなかった?
いやぁー、あまりにコロナ関連のマスコミの喧伝とかけ離れた街角の風景に、当初は驚き、後でじわじわと怖くなりました。いかん・・・・、これはそのうちパンデミックになるな、と。
自粛疲れ?ストレス?だからこのくらい仕方ないの?いやいや、これは緊張感がなさすぎる。あとでとても痛いしっぺ返しを食らいます。

<安倍さん、非常事態宣言を出しましょう>
私はこれまで「『非常事態宣言』を出すのは時期尚早。しっかりと外出自粛、テレワーク推奨、国民の自覚に基づく自己規制で大丈夫だ。乗り切れる!」なんて思っていましたが、方針変更します。
安倍さん、非常事態宣言を出しましょう。 
掛け声だけではほとんどの国民や企業がが「自制」モードに入れないまま。私も、平日ほとんどいつもと変わらぬ通勤、勤務を繰り返しています。確かに、通勤電車の人混みは減っています。みんなマスクをし、手洗いに気をつけてはいます。自分もそうだし、周囲の人も気をつけてはいます。テレワークもある程度進んでいるのでしょう。しかし、結局のところ、ほぼ客が少ないだけでほとんどの企業はほぼ通常の営業をしているんでしょ。関連企業に電話かけて、お宅はどうです?なんてお互いの歩調を合わせて。でも、果断な処置に踏み切れないまま。何となく時間が解決してくれるんじゃないの?と期待しながら・・・。
ここは、何か強烈なキッカケとなる契機、「ありゃー出ちゃったか、それなら仕方ないな」という引き金が必要なんですよ。小池都知事が政府に呼びかけていたのも、それですよ。
非常事態宣言を出して、首相自ら国民にテレビで呼びかけるべきです。
イタリアや米国のようになってから手を打っても遅い。火事はボヤなら近所の人のバケツリレーで止まるけど、火が回り始めてしまったらもはや消防車が何台来ても消せません。知ってます?あれって今燃えている家の火を消してるのではなくて、近所に更なる延焼が及ばないようにしているだけで、今燃えている家は燃え尽きるまでどうしようもないんですよ。
コロナも同じ。やるならまだ火がボヤのうちに、早期に決定的な対策をガツンとかまして初期消火しないと。
勿論、非常事態宣言を出しても法的拘束力がどうのこうの言う人々や、非常事態宣言の人権的危険性を訴える人々がいますよ。この際、リベラルな人々との不毛な議論は捨ておきましょう。実効性のあるリーダーシップ、国民への呼びかけが必要です。

そう思うようになったのは以下のニュースです。ご参考まで

<在韓米軍司令官が韓国の感染拡大期に在韓米軍内でコロナを封じこめた話>
VOA記事2020年4月3日付「In South Korea, How US General Contained COVID-19」という記事(下の写真も同記事から)で、在韓米軍司令官が、韓国内でのコロナ蔓延に際して、早期かつ決定的な処置を在韓米軍内で決然と実施して、17名のみの感染で封じこめた話が載っていました。素晴らしい。
AP_18312230288807.jpg
在韓米軍司令官ロバート・エイブラムス大将(Incoming commander, Gen. Robert Abrams attends during a change-of-command ceremony for the United Nations Command, Combined Forces Command, and United States Forces Korea at Camp Humphreys.)

何が素晴らしいって、司令官の言葉「“Go hard, go early.”」ですよ。
韓国内では、初期に32名の感染者が確認された際、まだ韓国の国民一般にさほどの緊張感はありませんでした。このうちの1名が、自覚なく宗教団体の集団礼拝に行って事態は急変。一機に韓国内で感染者が爆発し、日々倍々に感染者が増えました。その増え始めの頃、海外にいる米国民の集団として、在韓米軍は初めてコロナ禍の洗礼を浴びました。ここで司令官は、「まだ早いのでは?」という周囲の声を捨ておいて、在韓米軍のステージを「公衆衛生の緊急事態」に上げ、米軍基地内の交通をストップ、米軍基地内のスーパーも入場を100名までに制限、米軍基地に出入りする韓国人現地雇労働者に休暇とし入門させず、ロックダウン状態に。しかし、その一方、在韓米軍の存在価値でもある、軍隊としての機能を維持できるよう、作戦遂行能力は落とさずに任務を遂行。例えば、航空機のパイロットや整備員は、平素のローテーションから、小チーム化したグループで管理し、仮に感染者が出ても、その小チームだけが数週間の安静待機をするだけで、他のチームがオペレーションを遂行できる態勢を維持しました。結果的に、米軍基地内で感染拡大を抑止し、封じ込めに成功。しかし、今でも気を緩めず、ゼロにするまで努力を続けるとのこと。これぞ、素晴らしいリーダーシップ。・・・このリーダーシップが今、日本にも求められています。

(了)

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

国際政治・外交ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント