FC2ブログ
2021/04/25

米軍 アフガン撤退へ: 国際テロ復活が懸念されるがやむなし!

afgan1.jpg
(2021年4月22日付VOA記事「US General Warns Afghan Forces Facing Possible Failure」より)

米軍 アフガン撤退へ: 国際テロ復活が懸念されるがやむなし!
 日本のマスコミはあまり関心のないネタですが、筆者も現役時代に少なからず関わった9.11に始まるイラク・アフガン戦争の遅い幕引きの話題です。
 2021年4月14日バイデン米大統領は9月11日までにアフガ二スタンから現在2500~3500名の勢力の米軍を完全撤退する旨を発表。これに対し、タリバンはトランプ前大統領が約束した「5月1日までの撤退」を果たせないなら攻撃すると警告を発しています。現地の状況をよく知る米軍の主要指揮官や、CIAなどの情報機関は異口同音に、アフガンからの米軍及び多国籍軍の撤退について懸念を示し、米軍撤退後すぐにタリバンがアフガン政府軍を駆逐し、タリバンによる暴力的な人権蹂躙が再開することや、弱体化したアルカイダやISがアフガンを避難所にして再活性化して再び国際テロが息を吹き返し、やがて米国はじめ西側諸国にテロ脅威を与える重大なリスクになる、と予測しています。(参照:2021年4月22日付VOA記事「US General Warns Afghan Forces Facing Possible Failure」及び同年4月14日付VOA記事「Afghanistan Withdrawal Could Pose ‘Significant Risk’ to US, Intelligence Officials Say」)
 私見ながら、これらの懸念はほとんどが的中するでしょう。しかし、それでも、米国をはじめとする多国籍軍のアフガ二スタンからの撤退はやむを得ないと考えます。9.11後のアフガン戦争開始以降はや20年近くも経過、米国にとって最長の軍事介入となりました。これまでもこうした撤退論が持ち上がる度に、軍や国防省や情報機関、及び安全保障の専門家や有力議員は撤退に反対し、条件を付け、結局ズルズルと引き伸ばされてはや足掛け20年になります。それでも結果的にアフガンの状況は全く好転せずに今に至っています。撤退はもはや止むを得ないと思います。

アフガンの現状と米軍や情報機関、専門家たちの懸念
 アフガンの現状は、まだ実力も国民の支持も不足なのに背伸びするアフガン政府、都市部以外はほぼ支配下におさめる反政府勢力タリバン、そして駐留米軍が主要なアクターであり、2020年2月にトランプ政権下で米国とタリバンが和平協定し、タリバンはアルカイダと手を切る代わり米軍はじめ外国軍は撤退することを決めました。この性急な交渉にアフガン政府は席を立っています。微妙な三角関係の中、いよいよトランプの決めた5月1日という撤退の締め切りを前に、バイデン政権が9月11日まで引き延ばした形になっています。(正確には、バイデン大統領は「引き延ばした」のではなく、トランプ前大統領の撤退計画がムリムリだったため、現実的な計画として9月11日までとした、というのが本当のところです。)タリバンは激怒し、トランプが約束した5月1日の撤退を迫り、以後は攻撃する所存。アフガン政府は「大丈夫だ。米軍が撤退しても、今までそうだったようにアフガン政府軍がアフガンを守っている」とガニ大統領は豪語しています。
 こうした現状を踏まえて、米軍や米情報機関、安全保障の専門家は懸念しているわけです。
まず間違いなく、①5月1日以降も残っている米軍はじめ外国軍に対してタリバンのテロ攻撃があるでしょう。次いで、②米軍の後ろ盾と軍事支援を失った政府軍に対して、タリバンの国盗り作戦が開始されるでしょう。タリバンは支配下に置いた地域で、親米派はじめ外国勢力に迎合した者たちを見せしめ的に拷問したりリンチにしたりしますから、支配下に陥った地域のあちこちで暴力的な人権蹂躙が起きます。③そして、タリバンを頼ってISやらアルカイダやら、世界各地で落ち武者となった国際テロ組織の残党が逃げて来る避難所化し、訓練場となり、息を吹き返した国際テロ組織が、再び世界各地で西側諸国への国際テロを起こす可能性が出てきます。(既に、現在のアフガンには数百名のアルカイダ、千名を越えるISの残党がいると米情報機関は見ています。)

それでもなお撤退が得策だという理由
 まず第一に、そうした懸念が思いとどまらせてはや20年も続いたわけですから、もう潮時でしょう。バイデン大統領が「今年の9月11日まで」と拘ったのは、節目として「20年を越えるわけにはいかない」という思いでしょう。既にアフガニスタン紛争で、米軍を含む3,500人以上の多国籍軍人が犠牲になりました。米軍だけでも死者は2200名以上、負傷者は2万名を越えます。費やした費用は1兆ドルを越えます。この政治的にも経済的にも派遣国の国益がありそうに思えない不毛の地に、米国のみならず英国その他のNATO軍の軍人を引き続き派遣継続する意義があるのだろうか、という本質的な命題の問題です。もはや、従来の意味での軍事行動の「勝利」は望めず、平和をもたらし民主的な国家を樹立するという理想など夢の夢。ただ、今より悪くしないためだけのために?米国はじめNATO軍の若者を危険に晒し続けるのか?っていう話でしょう。20年と言ったら、もはや初期の戦闘を経験している兵隊さんと、現在のアフガン政府軍の治安維持を「教育訓練支援」という名で実質的に治安維持任務を実施している米兵とでは世代も違い、置かれた状況も違います。明るい展望が見えるならともかく、見えないわけですから。終わりにしましょう。


(了)

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

国際政治・外交ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント