FC2ブログ
2021/07/02

中国共産党100周年:奢れる中国、ただ春の夜の夢の如し 

President Xi and Mao
手を振る人民服の習近平国家主席 Chinese President Xi Jinping, center, waves above a large portrait of the late leader Mao Zedong during a ceremony to mark the 100th anniversary of the founding of the ruling Chinese Communist Party at Tiananmen Gate in Beijing, July 1, 2021. (2021年7月1日付VOA記事「The Chinese Communist Party at 100: Hopes and Disappointments」 より)

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。奢れる人も久からず、ただ春の夜の夢のごとし。猛き者も遂にはほろびぬ、偏ひとへに風の前の塵におなじ。 

この世の春を謳歌する習近平
 中国の中国共産党100周年記念式典の報道を見ていて、ふと平家物語の有名な冒頭部分を思い起こしました。

 「中国共産党がなければ新中国はない。歴史と人民が党を選択した」と高らかに語った習近平国家主席。アレ?他の高官がセビロとネクタイ姿の中、一人だけ習国家主席だけグレーの人民服。と思ったら、もう一人人民服姿がいました。大看板に描かれた毛沢東。習近平は毛沢東に並んだのだ、というイメージ戦略でしたか。

 各種報道がなされているので詳述しませんが、習国家主席は祝辞の中で語った内容及びこのイベントの趣旨そのものは、中国共産党礼賛、富国強兵、習近平への個人崇拝、台湾の統一、そして排他(反米)主義でした。

President Xi
中国首脳陣を率いる習国家主席(前夜祭?) Chinese President Xi Jinping is seen leading other top officials pledging their vows to the party on screen during a gala show ahead of the 100th anniversary of the founding of the Chinese Communist Party in Beijing on June 28, 2021. (2021年6月28日付VOA記事「At 100, China's Communist Party Looks to Cement Its Future」より)
スクリーンショット (23)
スクリーンショット (24)
スクリーンショット (26)
2021年7月1日付BBC記事「CCP 100: Xi warns China will not be 'oppressed' in anniversary speech」より

奢れる平家の春の夜の夢
 まさに、この世の春を謳歌する中国共産党、習近平体制の栄華極まれり、一大歴史イベントの展開でした。ヒトラー率いるナチスドイツの記念式典、東西冷戦華やかななりし頃のソ連のモスクワ赤の広場での壮大な軍事パレードを髣髴とさせました。デジャブ状態ですね。

 そんな中国は強気一辺倒とは裏腹に、内外ともに多事多難です。国内の香港及びウイグルへの締め付けは、国際的な中国への非難を呼び、香港やウイグルの市民の表面上の静かな受け止め方は、国家への忠誠や信頼ではなく、諦め的沈黙であってもはや民心は国家や共産党から離反しています。

 そう言えば、習国家主席は祝辞の中で「人民」という言葉をあちらこちらで多用していました。本当に民心を得ているのか、官憲の統制による恐怖でのみ表面上服従しているだけで本当は腹背しているのか、不安の裏返しなのかもしれません。
絶好調だった経済も失速し始め、経済を先導していた民間企業グループのトップが逮捕されたり(大午集団など)、およそクリエイティブな企業が伸びて行けそうな国家や社会の柔軟性や伸び代は期待できない状況です。
国際的な評価も、新型コロナへの対応や香港、ウイグルでの人権蹂躙ぶりを見てダダ下がりに。もはや、中国に夢や期待を持つ国はいません。

 中国はまだまだ経済も強く、軍事力の増強ぶりも著しいところですが、ピークは過ぎ、翳りが見えてきました。自ら祝辞の中で「今後は『小康国家』を目指す」と下方修正したことが印象的でした。「ややゆとりのある社会」を意味するんだそうですが、他の場面ではイケイケな強気な言葉が踊っていただけに、翳りを自覚しているのかも。

 ピークを過ぎたものの、100周年記念という大きな結節のお祭りですから、せいぜい自画自賛し、この世の春を謳歌してくださいよ。春の夜の夢のごとし。It won’t be long.

(了)

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

国際政治・外交ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント