fc2ブログ
2022/09/10

ウクライナの反撃: 北部の助攻撃進展、占領地内の抵抗でロシアに疼痛

car bombing targeting a Moscow appointed official in occupied Berdyansk, Zaporizhzhia Oblast, Ukraine
ロシア占領地内ザポリージャでロシアが指名した行政官を標的としたパルチザンによる自動車爆破テロ (The aftermath of an early September car bombing targeting a Moscow appointed official in occupied Berdyans'k, Zaporizhzhia Oblast, Ukraine)(2022年9月8日付Eurassian Daily Monitor記事「Russian ‘Referendums’ Delayed, Ukrainian Resistance Mounting in Occupied Kherson and Zaporizhzhia」より)

ウクライナの反撃はじっくり着実に進展
 ウクライナの反撃攻勢が開始されてから10日が過ぎ、そろそろ2週目という頃ですが、ウクライナの反撃は目にはさやかに見えねども、ジワジワとじっくり着実に進んでいるようです。

 ウクライナの反撃攻勢の主作戦正面(主攻撃)は南部ヘルソン正面であり、一進一退の攻防戦の最中です。目を引くのは支作戦正面(助攻撃)北部戦線ハルキウ正面での攻撃に進展で、はや1000平方キロにわたる地域を奪回した模様。また、ロシア占領地内の住民に抵抗、端的にはパルチザン活動(テロ攻撃)がロシア化政策を急ぐ占領地行政機関を標的として活発に行われ、ロシアの占領地政策を著しく滞らせています。このウクライナ軍の攻撃と占領地内の住民の抵抗という内憂外患が、ロシアにとっては脊柱管狭窄症による腰から足に掛けての疼痛のように耐えがたい痛みを与えている、と推察します。

南部戦線ヘルソン正面のウクライナ軍主攻撃の状況
 ウクライナ軍の反撃攻勢の主攻撃であるヘルソン正面の攻撃作戦は、西側に流れるニュース等では未だ明確にどのラインまで占領したとか、どの市町を開放した、などの細部が明確になっておらず、表面上はウクライナ軍の進撃は目にはさやかに見えていません。しかしながら、ウクライナ軍当局筋の情報では、数軸の攻撃において2キロ~数十キロの前進を遂げるとともに、ヘルソン正面のロシア軍後方地域において、ロシア軍の後方連絡線、指揮所など指揮通信の拠点、弾薬庫などの兵站基盤を標的に砲爆撃を継続している模様。この際、占領地内のウクライナ住民のパルチザンがウクライナ軍に協力し、ロシア軍の兵站活動を妨害・破壊し続けている模様です。ただし、ロシア軍の抵抗も頑強であり、未だヘルソン市の攻防戦も始まっていません。ロシア側も沈黙を守っており、この姿勢にも薄気味の悪いものを感じます。

北部戦線ハルキウ正面のウクライナ軍助攻撃の進展
 ウクライナは北部戦線ハルキウ正面、ハルキウ市からイジュームのロシアの陣地線において、数軸の攻撃でこれを突破した模様です。2022年9月8日(木)夕の定例の演説においてウクライナのゼレンスキー大統領は、攻撃が進展しロシアから1,000平方キロ(ニューヨーク市とほぼ同じ)以上の国土を奪還、数十の市町を解放した、と述べました。また、大統領側近のミハイロ・ポドリャク大統領顧問は、ロシア軍はもはやハルキウ正面から撤退せざるを得ない状況であることをツイートしています。(参照:2022年9月9日付BBC記事「Ukraine has retaken 1,000 square kilometres in a week – Zelensky」)

 ロシア側は北部戦線の状況について意図的にコメントしていませんが、ロシアの軍事ブロガーたちの間で現地の状況をすっぱ抜くブログが入り乱れ、ある者は戦況を公表しない国防省をこき下ろし、ある者は北部戦線でのウクライナの攻撃成功を認め、ロシア軍の不甲斐なさを嘆き、ロシア軍の作戦運用について厳しく批判するコメントがあるなど、元々はロシア軍礼賛の愛国ブロガー達が、ここへ来て当惑し始めたことが窺い知れます。(参照:2022年9月8日付ISW記事「UKRAINE CONFLICT UPDATES: Russian Offensive Campaign Assessment, September 8」)

ウクライナ軍の反撃開始と占領地内の住民の抵抗が国民投票を阻む
 ロシアは、元々ロシア系住民の多かったルハンシク及びドネツクの東部2州及びハルキウ州、ヘルソン州とザポリージャ州で、ロシア国内の国民投票と同期した住民投票を行い、住民自らがロシア領となることを希望する形で「民主的手段で住民自らがロシアへの帰属を望んだ」という大義名分を作ろうと企てていました。その目標日は9月11日でしたが、それがもはや延期・延期に次ぐ無期限延期になりつつあります。原因は、9月上旬に起きたザポリージャ州の自動車爆破による行政官暗殺事件に代表される占領地内の住民のパルチザン活動の活発化とこの度のウクライナ軍の反撃開始のダブルパンチです。特に、ハルキウ州は既に占領されていた地域が逐次ウクライナに奪回されている状態ですから、そもそも占領地自体も浮動状況です。

 占領地内の住民の抵抗は、パルチザン活動のような「爆破テロ」や「武装抵抗」などの過激なもののみならず、普通の市井の住民たちもロシア化を強制する占領行政のやり方に頑強に抵抗しています。例えば、住民投票の準備のため、各地域の選挙委員を立て、ドアトゥードア的に名簿作成をしていく作業があるのですが、まず、その選挙委員が揃いません。住民が結託して辞退するなど、弱い者なりの抵抗を示しています。
 また、学校の教師を再教育し、教育のロシア化、学童へのロシア教育を企図していますが、協力しないウクライナ教師が多く、ロシア本土からの教師に挿げ替えています。

 住民投票のみならず、パルチザン活動でロシア本土と占領地を結ぶ物流や後方連絡線に攻撃しているので、占領地内の日常生活そのものにも多大な影響が出始めている状況です。
(参照:2022年9月8日付 Eurassian Daily Monitor記事「Russian ‘Referendums’ Delayed, Ukrainian Resistance Mounting in Occupied Kherson and Zaporizhzhia」)

ロシア占領地内は内憂外患で疼痛に苦しんでいるのではないか
 私見ながら、前述のようなウクライナ軍の攻撃と占領地内の住民の抵抗という内憂外患により、ロシアは疼痛のように耐えがたい痛みに耐えているのではないか、と推察します。 
 というのも、恥ずかしながら私自身が今、脊柱管狭窄症による腰から足に掛けての疼痛に打ちひしがれています。長年自衛隊で鍛えたはずの足腰は、まだ十分に筋肉もスタミナもあるのに…、毎日腕立て・腹筋・持久走など地道な運動習慣もしているのに…、そんなこととは関係なく脊柱管狭窄で足腰の神経が痛むのですよ。まるでセミのヒグラシが鳴くような滲みるような波状攻撃で。これが疼痛っていうんだな…、と痛みを味わっていたら、ロシアは今そんな感じなんだろうなぁ、と思ったわけです。
 ロシア軍そのもの相当疲弊しながらもまだ余力がある状態だと思いますが、ウクライナ軍の砲爆撃やパルチザンの攻撃で後方連絡線や物流に被害を受け、生命線の兵站の動脈が狭窄され、血が行きわたらない状況だと思います。また、住民の抵抗により、占領地内の占領行政も思うに任せず、ロシアからの行政指令の伝達が来て実行に移そうにも、占領地内の行政を実行に移すラインが狭窄され、神経の指示が伝わらない状況だと思います。要するに神経痛状態が起きているのではないか、そう思ったわけです。自嘲ネタですね。

行け行け、頑張れ!ウクライナ‼

(了)

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

国際政治・外交ランキングSo
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント