FC2ブログ
2019/06/28

G20でホルムズ海峡安全確保策出るか


G20の主要アジェンダは既に目一杯だと思いますが、ホルムズ海峡の緊張はもう一つの焦点と言って過言ではありません。そんな動きがあるという情報があるわけではありませんが、専ら希望的観測として、イランをめぐる緊張を和らげ商船の航行の安全確保のため、ソマリア沖・アデン湾の海賊対処のための国際的な取り組み=多国籍軍の海上警戒監視・護衛作戦を、ホルムズ海峡の状況に合わせて所要の修正を加えて実施する方策が話し合われることに期待したいと思います。

ソマリア沖・アデン湾の海賊対処行動は、この海域に出没する「海賊」から商船を護衛する目的の多国籍部隊の海上作戦です。日本の海上自衛隊も哨戒機と護衛艦を供出していますが、空からの哨戒機の警戒と海域を数個の警戒区域に分けての艦艇による警戒で構え、海賊と思しき船を発見するや、この海域を航行する商船に情報共有して注意喚起するとともに、哨戒機や艦艇が海賊と思しき船に近づいて確認、状況により臨検をします。商船とは国際的な連絡用の周波数の無線で連絡を蜜に取り、商船側からの情報や緊急通報にも対応しています。一時期この海域で多くの身代金目的の海賊事件が起きましたが、この国際的な取り組みにより激減しました。

勿論、海賊と今回の緊張は本質的に異なります。しかし、米国、イラン及び湾岸諸国以外のEUNAVFOR (
EU海軍部隊)や日本の海上自衛隊、中国海軍、インド海軍などの第三国の多国籍部隊の商船護衛作戦なら中立が保て、商船の航行安全確保の枠組みができるのではないか、と思います。加えて、国際的な監視の目があることで、イラン、米国、サウジ等の間に入って湾岸の軍事的な動きはモニターされることとなるので、紛争抑止及び緊張緩和の一助になることが期待できます。

しかし、テロや紛争に巻き込まれる可能性はあります。経費の問題もあります。されど、国際的な仲介が難しい状況なので、少なくとも商船の航行の安全確保、そしてこの地域での紛争の回避は各国共通の国益ではないでしょうか。

せっかく世界の主要国の首脳が集まるので、こんな夢物語もアジェンダに加えてもらいたいものです。

(了)

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

国際政治・外交ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

米英首脳会談の内容、共同声明

アメリカとイギリスの首脳会談が行なわれました。
日本では反日売国テレビ局・マスコミが真相を報道しない自由を行使している為に日本
国民に正確な事柄が報道されていません。
ここでは、トランプ大統領のツイッターを翻訳してくれている「なかもりさんのブログ」に
掲載された一部を紹介します。
https://img-proxy.blog-video.jp/images?url=http%3A%2F%2Faixin.jp%2Faxbbs%2Fkzsj%2Fimage%2F52.png
詳細は「なかもりさんのブログ」をカッチとね!

嘘も100回言えば本当に成ると信じて息を吐くように嘘を吐く支那朝鮮人に支配されている
反日売国テレビ局・マスコミの解説を鵜呑みにしないで自分の目と自分の耳で確認して
自分の頭で判断しましょう。 そして、今まで洗脳されて思い込まされてきた間違った
自虐史観の考えから目覚めて本当に素晴らしい日本の心を取り戻していきましょう。
1例を挙げれば、【日本の北方領土は占守島まで】
 ロシアに謝罪する維新の党首が歴史問題の対処方法が間違ているのです。
国を守る為に戦うのです。 国民の利益を守る為にはたらくのです。
国の利益を侵害して、国を売る為に国民を騙す政治家は売国奴です。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi#6月6日_07時05分51秒
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12488089442.html