FC2ブログ
2019/08/23

疲弊するイラン、豪が有志連合参加、G7で日本は態度表明か?

疲弊するイラン、豪が有志連合参加、G7で日本は態度表明か?

iran rial
FILE - Iranian and U.S. banknotes are on display at a currency exchange shop in downtown Tehran, Iran.
(2019年8月21日付のVOA記事(「Iran Moves to Cut Four Zeroes From Its Struggling Currency」より)

<ホルムズ海峡をめぐる情勢のフォロー>
① 2019年8月21日付のVOA記事(「Iran Moves to Cut Four Zeroes From Its Struggling Currency」)によれば、イランの経済はかなり疲弊してきている模様。米国によるイラン核合意からの離脱及び経済制裁により、国家の稼ぎ頭であった原油輸出が困難になり、イランンでは貨幣価値が急落し、2015年当時で1ドル=32,000リアル(イランの通貨)で交換されていたものが、2019年8月21日現在で1ドル=116,500リアルにまで価値が下がった。ロウハニ首相は貨幣価値の是正のため、3桁のゼロを切り捨てる法案を国会に送り審議する模様。4月のIMFの見積もりでは、米国の経済制裁が効果を発揮しつつあり、イラン経済は6%まで縮小し、インフレ率40%に達する模様。

② 2019年08月21日付時事ドットコムニュース「豪、有志連合に参加表明=英に次ぎ、拡大に弾みか」によれば、豪州のモリソン首相は21日、米国主導の有志連合への参加を表明。英国、バハレーンも既に参加を表明したことから、更なる参加国がこれに続く可能性も。尚、参加規模は、哨戒機1機を本年末1ケ月間、フリゲート艦1隻を2020年1月から6ケ月間派遣する模様。モリソン首相は、間もなくフランスで始まるG7サミットにて各国にも説明する意向。

<私見ながら>
○ イランの経済疲弊は限界が近いかも 
  今回の報道で改めて再認識しました。イランはかなり経済が疲弊してきているようですね。だとすれば、ホルムズ海峡の緊張が高まる可能性大ですね。
  イランの打開策は、穏当には①国際的な協議により米国も納得する形での何らかの合意に至る外交、②欧州各国の核合意復帰という助け舟に乗る(但し米国の経済制裁は残る)、③ホルムズ海峡の緊張を高めペルシャ湾諸国やペルシャ湾にエネルギー依存する諸国の悲鳴をテコに米国の経済制裁緩和を図る、というところでしょうか。①も②も今や望み薄。手っ取り早いのが③です。今既にその一途をたどっているのかもしれません。益々厳しくなるイラン経済、そのうちそのイライラは一部の過激な指揮官等の勇み足で、米国海軍艦艇に攻撃をするなど、戦端を切ってしまうかもしれません。

○ 豪州の有志連合参加
  豪州はついに米国に右に倣えしましたね。前豪首相は米国と一線を画していましたが、モリソン現首相はトランプに同調しますね。しかし、派遣規模や期間をみると非常にシャビーですね。哨戒機1か月のみ1機というのは何の役にも立たなそうですね。1機では、1ミッション数時間、海域上空を飛んで降りたら、整備が必要なので、1日おきでもきついので、1週間に2~3フライトが関の山でしょう。ちなみに海賊対処行動に派遣されている海自哨戒機は2機で回しています。フリゲート艦1隻というのも、有志連合に出す、ということは米国の割り振りで与えられたゾーンのパトロールが任務になるでしょうね。6ケ月間派遣と言っていますが、これも豪州からペルシャ湾地域への往復行程を含んでいるものと考えられ、正味5ケ月足らずの現地任務となるでしょう。実質的な貢献度より、国家としての参加表明というshow the flagなんでしょうね。

○ G7でホルムズ海峡対応は影のアジェンダとなるのでは?さて日本は何らかの態度表明か?
  フランスのマクロン大統領にしてみれば、前回のカナダでのG7で共同声明にNoといったトランプ米大統領を抱え、また、イタリアもドイツも首相がもはややめる前の状態で、・・・更に英国のジョンソン新首相はEU離脱する気満々だし、・・・ホストとして頭の痛いことでしょう。正規のアジェンダなら国際経済のためのG7の協力を語るはずなんですが、トランプとジョンソンお二人のワイルドカードがいるから波乱含み。むしろ影のアジェンダはホルムズ海峡問題=イラン問題でしょう。しかも、豪州は有志連合参加について各国に説明すると言っています。
私見ながら、安倍さんは今回ホルムズ海峡問題の隠し玉を持っていくのでは?と思っています。根拠はないですが、ここ最近の音なしの構えが怪しい。8月17日に、森外務審議官がイランに行って外務次官や外相と会っています。ひょっとすると秘密外交をしていて、安倍さんがイランと米国の仲介となる?なんてことも出て来るかも。いやいや、ホルムズ海峡の商船保護のため、米主導の有志連合に参加とか言い出したりして…。私としては独自商船保護派遣をしてほしいですがね。いやーこれは何か出てくるかもしれませんよ。
 (了)


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

国際政治・外交ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント