FC2ブログ
2019/11/19

香港デモへの包囲・掃討戦始まる

香港デモへの包囲・掃討戦始まる

やはり始まりました。香港の民主化デモが占拠している大学の一つ、香港中心部にある香港工科大学にて、遂に警察による包囲・掃討作戦が開始されました。

VOA記事「Student Protesters Trapped at Besieged Hong Kong Campus」(November 18, 2019 09:00 AM)及び「Polytechnic University President Urges Hong Kong Protesters to Leave」(Updated November 18, 2019 04:00 PM)は、刻々と戦況を報じています。

11月18日の未明、既に香港工科大学の包囲環を形成した香港警察は、猫の子一匹逃げ出せないようにしておいて投降を呼びかけました。一部の学生は投降に応じ、また一部は包囲を破って逃走を試みて警察に捕らえられました。じ後、じわじわと包囲環を圧縮。一部の強硬派の学生は火炎瓶や割ったレンガ等を警察に投げて抵抗。更に過激に、大学構内のインフラの破壊などで対抗。しかし、徐々に警察の包囲環が縮まり、抵抗して逮捕された学生らが後ろ手をプラスチック紐で縛られて報道陣の前を連行されていく。もはや、この戦いに未来は見えません。

私見ながら、もはや大学占拠側に勝ち目はありません。香港警察は、デモが占拠している数個の大学のうち、一番広報効果の高い香港工科大学を狙って、報道下の包囲・掃討戦を香港の市民に見せています。香港市民のほとんどが、この光景を固唾を飲んで見入り、そして失望感を感じることでしょう。香港政庁と警察は、中国政府や人民解放軍に制圧される前に、一部の自治魂、一部の香港魂を持って、何とか香港人の手で事態を収拾しようと試みているものと思います。だったら、その方がいい。デモはまた違った手段・方法でやれるから、ここは一旦平和裡に引いた方がいい。相手が香港警察のうちに。

(了)

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

国際政治・外交ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント